延寿花ケルセフィット/WEB限定キャンペーン中お試しください!!

花粉症対策に延寿花ケルセフィットをお試しください!

WEB限定キャンペーン中50%OFF

臨床試験有効性95%

医師が「試してみたい」と回答

 

高吸収型イタリアケルセチンは花粉症状軽減【延寿花ケルセフィット】

お試しください

公式サイト

 

 日本初、新型コロナ入院保険付きの機能性表示食品登場! サプリの定期購入で新型コロナによる入院費を補償

~「新型コロナウイルス等感染症危険補償特約付き交通傷害保険」が付いた 機能性表示食品「延寿花 ケルセフィット」を2022年11月に販売開始~ 

一般社団法人機能性表示食品検定協会(以下 キノケン、所在地:東京都港区、会長:持田 騎一郎)が届出支援をした花粉対策の機能性表示食品「延寿花(えんじゅか)ケルセフィット」が、日本で初めて(*1)、新型コロナ感染による入院を補償する保険付きの機能性表示食品となることが決まり、商品を2022年11月1日に販売開始いたしました。自社および東京海上日動調べ(2022年10月調査)。新型コロナなど特定感染症への入院保険付き健康食品において、機能性表示食品ジャンルでは、本品「延寿花 ケルセフィット」に初めて適用された。この保険は、「キノケンコロナ保険」という名称で、キノケンと損害保険会社が提供する「新型コロナウイルス等感染症危険補償特約」がついた交通傷害保険です。本製品を上記WEBサイトから毎月定期購入をした方限定で、定期購入期間中は無償で「キノケンコロナ保険」が適用されます。

・新型コロナウイルスなどの特定感染症で入院した場合、 翌月11日以降の感染入院に関して日額5,000円(最大30日間)

・交通事故、自転車事故などにより入院した場合、 翌月1日以降の入院に関して日額5,000円(最大30日間)

花粉対策の機能性表示食品「延寿花 ケルセフィット」の製品詳細

本製品は、花粉、ハウスダストなどによる鼻の不快感を軽減する効果が臨床試験などで確認された「高吸収型イタリアケルセチン(インデナ社ケルセフィット(R))」を高配合した日本で初めての機能性表示食品で、2022年6月からインターネットを中心に販売していますが、コロナ禍での健康維持のために、10袋単位でまとめ買いをする方も増えています。健康への不安をお持ちの方をサポートするため、感染拡大が落ち着いたとは言え、新型コロナなど感染症への不安感は払拭できないため、健康維持のため機能性表示食品サプリを購入いただいたお客さまに、感染症の入院保険を提供することになったのです。

機能性表示食品の当商品は 吸収率を20倍に高めております。 マメ科のエンジュ(延寿)の 花のつぼみから作られている 高吸収型イタリアンケルセチン 【延寿花ケルセフィット】お試しはこちらから 

機能性表示食品【延寿花ケルセフィット】お試し

ケルセチンを機能性関与成分とする機能性表示食品の中で、花粉対策の機能性表示食品は、本品「延寿花 ケルセフィット」お試しが日本初であった。消費者庁「機能性表示食品届出データベース」調べ。また、本製品は、最先端のがん難病治療を研究する医師の会「日本先制臨床医学会」(特別顧問 坂口 力 初代厚生労働大臣)の推奨商品としても認定され、多くのドクターから高い評価を得ています。日本先制臨床医学会ホームページ: https://jspcm.org/

日本先制臨床医学会の医師たちが認定し、推奨する製品です。本製品の機能性関与成分ケルセチンは、天然に存在するポリフェノールで、強力な抗酸化作用、抗炎症作用、免疫調節作用および抗ウイルス作用を持ち、すでに多くの食品、飲料に利用されています。また近年では、ケルセチンは、高い老化細胞除去成分(セノリティクス)であることも分かってきました。ケルセチンは、玉ねぎの皮に多く含まれていることが知られていますが、そのままではほとんど体内に吸収されません。そこで、イタリア・インデナ社は独自の「フィトソーム」化技術によって、エンジュ(槐または延寿:マメ科の樹木)の花由来のケルセチンの体内吸収率を20倍に増加させることに成功しました。そうして生まれた「高吸収型イタリアケルセチン(インデナ社ケルセフィット(R))」は、世界中で行われているヒトに対する臨床試験で採用されており、多くの論文が発表されています。2020年、静岡県立大学の山田 静雄特任教授の監修の下で行われたヒト臨床試験において、「高吸収型イタリアケルセチン(インデナ社ケルセフィット(R))」は、花粉による鼻水、くしゃみ、睡眠障害、倦怠感、疲労感、思考能力低下などを95%の有効性を持って改善することが確認されました。これは、ケルセチンの持つ高い老化細胞除去能によって、花粉により炎症を起こし老化した細胞を除去したことで、ヒスタミンを出す炎症肥満細胞が減り、花粉アレルギーの諸症状が改善したと推察しています。この臨床試験結果をエビデンスとして機能性表示食品の届出を行い、消費者庁の審査を経て受理されました。これによって、本製品は、そのケルセチンの吸収能を20倍に高めたイタリアケルセチンを利用した日本初の機能性表示食品となりました。

公式サイト

花粉対策の機能性表示食品「延寿花 ケルセフィット」【製品情報】

機能性表示食品の届出番号  : G1418

製品名           : 機能性表示食品「延寿花 ケルセフィット」

届出表示          : 「本品にはケルセチンが含まれます。

                ケルセチンは、花粉、ほこり、

                ハウスダストなどによる鼻の不快感を

                軽減することが報告されています。」

一日摂取目安量       : 4粒

4粒あたりの機能性関与成分量: ケルセチン200mg/日

                (ケルセフィットとして525mg/日)

内容量           : カプセル120粒入り、30日分

製品情報          :https://senolytics.tokyo/shopping/lp.php?p=a8 

セノリティクスとは、老化細胞を標的とし、細胞死を誘発、または、破壊し、除去する成分のことです。老化細胞とは、老化した状態で生きながらえる細胞のことで、通称「ゾンビ細胞」とも言われます。身体を構成する多くの細胞は、加齢に伴い、分裂を繰り返すと、老化します。老化した細胞が、アポトーシス(細胞死)、あるいは、免疫機能によって排除されることなく、存在し続けるのが老化細胞です。老化細胞のメカニズムはまだ十分には分かっていません。細胞老化には良い点も悪い点もあります。例えば、細胞ががん化を始めると、細胞老化が生じてがんの発生を防ぐ役割をもちます。他方で、老化細胞が出す分泌成分(SASP)によって炎症や加齢性の病気が起こりやすくなることも分かってきました。新型コロナ感染後の後遺症は、コロナウイルスで老化した細胞が出す炎症性物質が原因であると考えられています。

出典: https://www.senolytics.jp/

機能性関与成分である「ケルセチン」は、高いセノリティクス(老化細胞除去)能により、老化細胞除去によるアンチエイジング成分として注目が集まっています。セノリティクス研究の第一人者であるジェームズ・カークランド博士(米国メイヨークリニック)が、高吸収型イタリアケルセチン「ケルセフィット」とダサチニブを併用した世界初の老化細胞除去能を検証するヒト臨床試験が進行中です。先に、カークランド博士が関わった動物実験において、肝炎ウイルスに曝露した老齢マウスは、何もしなかった老齢マウス群に比べ、ケルセフィット+ダサチニブ摂取群は、マウスの寿命を36%伸ばしたことを報告しています。これは、ウイルスに感染した老化細胞が除去されたからではないかと考えられています。(世界3大学術科学誌の一つである「Science」誌、2021年7月16日号に掲載)論文「ケルセチン含有食品の摂取がアレルゲンによる鼻目のアレルギー反応に及ぼす影響 – プラセボ対照ランダム化二重盲検並行群間比較試験 -」一般社団法人機能性表示食品検定協会 日本先制臨床医学会の医師たちが認定し、推奨する製品です

 機能性表示食品「延寿花(えんじゅか)ケルセフィット」お試し

日本先制臨床医学会の医師たちが認定し、推奨する製品です。【医師学会推薦】コロナ禍の健康維持のため、まとめ買いも続出!日本初の高吸収型イタリアケルセチンの機能性表示食品が、がん難病の最先端治療を研究する医学会の推奨商品に認定

花粉症のはなし
~原因とメカニズム~

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の代表的な症状としてあらわれるのは鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの3大症状に加え、目のかゆみなどです。花粉症とそれぞれの症状を引き起こす原因とメカニズムについてご紹介します。花粉症を発症する原因とメカニズム花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞という細胞に結合します。その後再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることにより鼻水等のアレルギー反応が引き起こされます。また、花粉症の他にダニなどのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。最近では花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の併発や、複数の花粉に反応する花粉症など、ほぼ一年中症状に悩まされるという人も少なくありません。花粉やハウスダストなどのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着アレルゲンがマスト細胞の抗体とくっつく再びアレルゲンが侵入すると、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こす
鼻の症状を引き起こす原因とメカニズム鼻に花粉が入ると、下図のような仕組みで症状があらわれます。1空気中に浮遊する花粉が鼻に侵入2花粉が鼻の細胞内のマスト細胞にくっつくと、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン、PAFなどの物質を放出3放出されたヒスタミンなどの物質が鼻の神経や血管を刺激して、鼻炎の諸症状を発症目の症状を引き起こす原因とメカニズム目に花粉が入ると、下図のような仕組みで症状があらわれます。1空気中に浮遊する花粉が目に侵入2花粉が目の粘膜内のマスト細胞にくっつくと、ヒスタミンなどの物質を放出3放出されたヒスタミンなどの物質が目の神経や血管を刺激して、目の諸症状を発症季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と通年性アレルギー性鼻炎の違いアレルギー性鼻炎は2種類あるのをご存じですか?アレルギー性鼻炎は好発時期によって2つに分類されます。通年性アレルギー性鼻炎通年性アレルギー性鼻炎は、季節と関係なく年中続くアレルギー性鼻炎です。症状を引き起こす原因物質(アレルゲン)は人によってさまざまですが、ハウスダストやダニ・ペットなどが主な原因とされています。アレルギー性鼻炎のはなし季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)季節性アレルギー性鼻炎を引き起こす花粉は、日本では約60種類も存在すると報告されています。そのため、鼻炎を引き起こす花粉は一年中飛んでおり、春先のスギやヒノキだけでなく、初夏のシラカンバ、秋のブタクサやカナムグラなど、地域や季節によって異なります。油断は禁物!秋の花粉にも注意最も患者数が多いのは春のスギ花粉症ですが、季節を問わず他の花粉症を併発することも珍しくありません。ある調査報告では、スギ花粉症患者の70%もの人が、季節を問わずアレルギー性鼻炎症状が現れるといわれています。春だけではなく秋にもアレルギー性鼻炎症状が現れる方は、秋の花粉が原因かもしれません。花粉症の症状について風邪と症状がよく似ているため、間違いやすい「花粉症」。具体的な症状と花粉情報をチェックし、早めのケアを心がけましょう。花粉症の症状花粉症の時期について地域によって、飛散する花粉の種類や飛散のピーク・時期が異なります。お住まいの地域の花粉の種類や飛散時期を確認してみましょう。花粉別・地域別カレンダー花粉症になる人はどのような人?花粉症を発症する人は、遺伝的にアレルギー体質であることが主な原因として言われていますが、それ以外に何か原因はあるのでしょうか?まず、一般的に挙げられるのが食生活の変化です。なぜなら同じ地域に住んでいても、お年寄りには花粉症の有病率が少ないからです。今と比べて、インスタント食品やスナック菓子などがほとんどなかった時代に食されていた昔からの和食に、アレルギー体質になりにくい要素があるのかもしれません。次に自律神経を乱す睡眠不足や不規則な生活、そしてストレスも原因と言われています。生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけることで花粉症が楽になるかもしれません。また、花粉の飛散が多い地域では、花粉症の有病率も高い傾向にありますが、排気ガスの影響も受けていると言われています。花粉の飛散量が同じでも、排気ガスの多い地域の方が花粉症になる人が多いのだとか。排気ガスのなかに含まれる微粒子と一緒に花粉を吸いこんでしまうと、アレルギー反応が出やすくなると言われています。また、アスファルトにも要注意です。花粉が飛んでも土に吸収され、再び舞い上がることの少ない田舎と違い、アスファルトでは落ちた花粉が何度でも風に舞い上がり、空中を飛んでしまうので、花粉を吸い込みやすくなると言われています。そのため、大きな道路の近くや都会に住んでいる人は普段からマスクをするなど特に注意が必要です。花粉症の症状を感じたら早めの対策を発症していない人だけではなく、発症した人は症状を重くしないためにも、外出時には、とにかく花粉に触れないことが大切です。サングラスやメガネ、マスク、帽子、そしてツルツルとした花粉を落としやすい服装を心がけましょう。帰宅したら、玄関に入る前に花粉を払い、うがいや顔を洗う習慣をつけましょう。それでもつらい鼻水やくしゃみにはアレジオンなどの市販薬を利用しましょう。花粉症を感じたら早めの対策を花粉症の有病率って?2008年に行われた全国的な鼻アレルギー(花粉症)の有病率調査では、国内の約4割の人がアレルギー性鼻炎と答え、花粉が原因の鼻アレルギーは3割にものぼることが分かりました。そのなかでも、スギを原因とする花粉症は26.5%と、1998年の調査結果に比べ10ポイントも増加し、約4人に1人が発症しています。全国でも特に患者が多いと言われる東京都の調査では、スギ花粉症の有病率は3割近くにのぼります。また、30・40代に多かった花粉症が、近年では花粉の飛散量の増加とともに、低年齢化が進み、若いうちに発症する人が増えています。10代でも約3人に1人が、10代以下も約15%近い人が花粉症を発症していたことが分かりました。2008年の調査から約10年近くたった現在ではさらに増加しているものと思われます。日本では60種類もの原因花粉があり、スギやヒノキだけでなく、シラカンバ、ブナ、ハンノキ、ケヤキ、コナラ、ブタクサ、ヨモギなど、1年中、何かしらの花粉が飛んでいるので注意が必要です。今まで大丈夫だった人も、突然、発症することもありますので、「自分は大丈夫」と思わず、しっかり対策を立て予防していきましょう。出典:鼻アレルギー診療ガイドライン2020より

公式サイト

花粉症対策に延寿花ケルセフィットをお試しください!

WEB限定キャンペーン中